お葬式と永代供養にかかる費用

故人を偲び、供養をきちんとしたいと思う気持ちは、遺族の共通の願いです。しかし、立派なお葬式やお墓が故人に対する心からの供養になるわけではありません。そしてそれにとらわれすぎて、そのせいで遺族の生活が圧迫されるのでは故人も不本意です。見送る側の生活に丁度良い金額と方法で、お葬式と供養を行うように考える必要があります。例えば一般葬の場合、遺族や親類をはじめ友人や仕事の同僚など多くの人が訪れ規模が大きくなります。そのため、広い会場や大きな祭壇の手配、ある程度の量の返礼品や飲食物も用意する必要があります。結果として、葬儀場代を含むお葬式全体の費用と参列者に対する費用がたくさんかかります。宗教による葬儀用品の違いなどはあるものの、いずれにしてもそれなりの金額が出ていきます。また、関わる人間が増えるため、お葬式や供養方法について口をはさまれる恐れも出てきます。

家族葬にすると、親しい人だけに声をかけられるので小規模で済ませることができます。小さな会場、あるいは自宅でのお葬式も可能なので、コストをだいぶ抑えられます。総じて、家族葬を行う場合の合計費用は一般葬の半額程度です。何より、供養方法を身内だけで決めても差し支えなく、スムーズに遺族の希望通りにすすめられます。したがって、永代供養を希望される方の多くは、お葬式も小規模な場合が多いです。

同様に供養方法も、普通のお墓と永代供養では色々な違いがあります。お寺の墓地にお墓を建てるなら、多くの場合は檀家になる必要があり、お布施などを払うことになります。また、墓地の永代使用料や墓石代、加えてその後毎年お墓の管理費がかかります。遠距離ならばお墓参りの時間の確保も大変で、それらの負担は、子孫へと受け継がれていくことになります。一方永代供養は、寺院や霊園がお墓の管理と供養をし続けてくれます。檀家にならなくても構わないので、お布施も管理費も支払う必要がありません。ただし墓石に関しては、共同と個別の二種類があります。前者ならより費用がかかりませんが、管理は難しいが墓石は持ちたいのなら後者を選択します。