お葬式の種類と永代供養の関係

現代のお葬式には、故人の希望や遺族の事情などにより、色々な種類があります。そして、お葬式のタイプと供養方法は密接な関係にあります。永代供養を希望する場合は、それにふさわしいお葬式スタイルを考える必要があります。最も馴染みが深い一般葬は、お通夜から始まり、お葬式式や告別式、火葬、最後に埋葬という順番です。一部の地域では、火葬を最初に行う場合もありますが、内容は同じです。一般葬は、新聞などでお葬式の日程を告知すると、それほど親しくない会葬者も訪れて人数が多くなります。

社葬と合同葬は、故人が会社代表者、あるいは社員の殉職などの際に会社主体で行うお葬式です。社葬は喪主が遺族で施主が会社、合同葬では喪主は遺族で施主を遺族と会社が一緒につとめます。社葬や合同葬は、会社の取引先や関係者などが列席するので、規模の大きなお葬式になります。小規模な家族葬は、高齢化や核家族化の影響で、近年都市部を中心に増加傾向にあります。会葬者は、家族だけであったり、親族や御縁のあった方に連絡したりと、少数に留める場合が多いです。本当に親しい人だけに見送ってもらいたいという、故人の希望に沿って行われることも少なくありません。お葬式の内容も、納棺と火葬のみなどの最低限だけを行うことができます。ただし、本葬も一緒に行う場合は密葬と呼ばれたりもしています。さらに、式という名前が付くものを全て行わずに、火葬と拾骨だけで故人を見送るのが直葬です。式を行わない理由としては、故人の死亡原因や費用節約という点が挙げられます。故人の見送り方にはそれぞれの事情があり、他人が口出しすべきことではありません。しかし、直葬を選択することについて、周囲の人間との摩擦が少なからず生じる場合もあります。

お葬式の規模によって、供養の仕方も変わってきます。永代供養を考えているのであれば、お葬式も小規模で行うのが望ましいです。故人の希望や、その後の遺族の供養方法は千差万別です。大切なのは供養してあげたいという気持ちなので、それに合うお葬式スタイルを選択するのがベストです。